東西対抗、2ラウンド制と、新しくなった、”スラムダンクコンテスト”








NBAオールスターの前夜祭、すなわち、
『オールスターサタデーナイト』 では、
様々なコンテストがファンを魅了するが、
中でも、毎年最大の盛り上がりをみせるのが、
『スラムダンクコンテスト』



今回は、今年の同コンテストについて振り返ってみよう。



この、スラムダンクコンテスト。
実は、今年から東西対抗戦の新フォーマットに変更され、
ウェスタンチームは、



・キングス:ベン・マクレモア
・ブレイザーズ:デイミアン・リラード
・ウォリアーズ:ハリソン・バーンズ



のトリオが出場。
一方、イースタンチームからは、



・ラプターズ:テレンス・ロス
・ペイサーズ:ポール・ジョージ
・ウィザーズ:ジョン・ウォール



が出場し、それぞれの妙技を披露した。



さらに、今回から2ラウンド制が取り入れられ、
第1ラウンドは、



「各チームが90秒の持ち時間に、
 どれだけ多くのダンクシュートが決められるかを競う、
 フリースタイル形式」



第2ラウンドは、



「1対1の東西マッチアップ形式」



で争われた。



第2ラウンドでウェスタンチームは、
ルーキーのマクレモアが、玉座に座るNBAのレジェンド、
シャキール・オニール氏を飛び越えての、ダンクシュートに成功。



続くウォールは、ウィザーズのマスコットのG-マンが、
頭上で抱えるボールを受け取り、さらに、
開脚ジャンプでG-マンを飛び越えながら、
リバースダンクを決めるという、離れ業を披露。



すでにほぼ勝利を手にしていたイースタンは、
ウォールの今大会一番の豪快なシュートで、勝利を決定的なものにした。







コメントを残す